BLOG

ことぶきブログ

サスティナブル制服完成

  • 2022.09.13
制服から未来へつなぐ 100年つづけるために 100年つづけられること 〜制服プロジェクトによるSDGsへの取り組み〜   KOTOBUKIでは、地球に優しい、人に優しい制服をコンセプトに生産背景にこだわって、 サスティナブルをテーマにした自社の制服プロジェクトを2020年夏にスタートしましました。 そして約1年3ヶ月の月日をかけ、新たな制服を仕上げました。     コロナ禍での打ち合わせは、デザイナーさんともリモートでトワルチェックをしたり、 変更点をチェックしながら、何度も試着を重ねました。     状況を見ながらのたまに出来る顔を見ながらのMTGは、 本当にありがたく進み具合も違いました。     デザイナーさんは、弊社ドレスでもお世話になっている TWENTY FOUR/SEVEN株式会社の常務取締役岡本江身子さん。 私たちの沢山のわがままを聞き入れてくださいました。 このプロジェクトを取り上げてくださったTV局の取材中の岡本デザイナー↓     縫製は、同じ石川県の縫製工場である株式会社ヒロさん。 大沼社長のご提案で素晴らしい素材が手に入り、いろんなお知恵をいただきました。     和紙から作られた糸で出来たサスティナブル素材(和紙の天然繊維は焼却に問題がなく、地中分解される)で、 糸の組み上げも石川県内の工場でされています。     制服プロジェクトチームはリモートorリアルMTGを何回も重ねました。     スタッフ全員分の納品の際は、嬉しい気持ちでいっぱいでした。     そして、ついに10月中旬、スタッフに向けて完成発表会。 メディアの方も来て下さいました。 出来上がるまでの経緯、想いなどのストーリーを説明しながらエシカルの本質を少しでも伝われば・・・と、 制服プロジェクトチーム10名のメンバーが、それぞれの持ち場で説明をしました。     着こなしやドレスコードについても触れ、これまでとは違い、自由に制服を楽しんでほしいと発表。 もちろん機能面でも優れており、適度なストレッチ性があり通気性もよく、通年着用が可能で洗濯も自宅でOK。 パンツは股上を深く、ワンピースの袖丈は七分袖として可動域を意識。 インカム用のポケットも装備されています。     その後、放送されたTVを見てくださったお客様から 「これですね、新しい制服!」 「かわいくてお似合いです^_^」 など、沢山のお声がけを頂きました。 ありがとうございます!     スタッフ一人ひとりにメッセージを込めた温もりのあるKOTOBUKIオリジナル&フルオーダーメイドの制服。 このサスティナブル制服に袖を通すスタッフ一人ひとりがメッセージを受けとめ、 エシカルな選択をすることがこれからのKOTOBUKIの未来へつなぐ第一歩となりますように。   【ブライダル産業新聞掲載記事】

CATEGORY

ARCHIVE